ケミカルなお味

日々の事

2019年5月オープン、福岡市東区箱崎の完全貸し切り、リラクゼーションサロン黒猫屋です
2009年5月よりラフィネでセラピストスタート。マッサージではなく、ボディケア・リフレクソロジーをやっています。

今年夏ころから販売スタートした新しいドリンク
CHILLOUT」テレビCMもよく入ってますよね
日本初のリラクゼーションドリンクです

ずっと飲んでみたくて、やっと発見したので購入してみました
(ドン・キホーテに売ってました)

お味は、想像と違ってかなりケミカル!
こんな味の駄菓子があったような…。

リラックスできたかどうかも…
休日に飲んだのであまり実感できませんでした
寝る前に飲んだ方がよかったのかもしれません

ギャバが20㎎入っていますね
神経系の活動が自然と鎮まる成分のギャバ
「GABA」と表記されていることが多いですよね

GABAは、体内にも存在する天然のアミノ酸の一種で
正式には「γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)」といいます

GABAは体内で神経伝達物質として働き
ストレスを和らげて脳の興奮を鎮める効果があるとされている成分です。
体をリラックスさせる働きがあるため、安眠や血圧低下にも役立つことが確認されています
(よく機能性表示食品のチョコレートとかに明記されてますよね)

GABAは、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在します
脳内でGABA(ギャバ)が不足するとイライラしたり体調不良の原因となるようです

このGABAは睡眠中に体内で合成されます
睡眠時間が短かったり、睡眠サイクルの乱れやストレスから熟睡できなかったりすると、
体内でのGABAの合成量が少なくなり、不足してしまいがちです

睡眠時間が短くなりがちの現代人にはGABAが不足しているようなので
そこに着目したドリンクなんでしょうね

目の付け所が新しい!
昭和の人間なので、「24時間戦うためにエナジードリンク」だと思っていましたが
「リラックスすることによりパフォーマンスを上げる」が令和だな~と思いました。

ところでこのGABA、ハーブにも入っているんです
リラックス効果のあるメディカルハーブ「カモミール」が有名です

カモミールは何千年も前から治療に使われているハーブで
皮膚のトラブル、炎症、心疾患などその用途は幅広く
鎮痛剤や睡眠導入剤として古くから利用されてきました

鎮痛効果は、アピゲニンと呼ばれるフラボノイドのおかげで
脳内のGABA(ガンマアミノ酪酸)受容体と結合する性質があるので
神経系の活動が自然と鎮まり、リラックスできるようです。

ところで、ハーブは全てリラックス効果があると思っていませんか?
実は、ハーブによって違うんです
リフレッシュ効果のあるハーブとリラックス効果のあるハーブがあるので
ハーブティはタイミングによって飲み分けるようにしましょう。

交感神経を高めるハーブ(リフレッシュ効果)
●ローズマリー
●シネオール
●レモン
●フェンネル
●エストラゴン
●イランイラン
●ペパーミント
●ゼラニウムエジプト
●レモングラス
●コリアンダー など

副交感神経を高めるハーブ(リラックス効果)
●カモミール
●ジャスミン
●ラベンダー
●セドロール
●スギ、ヒバ など

タイトルとURLをコピーしました