武士くん

黒猫屋ってこんな人
福岡市 東区 箱崎 のお隣 筥松 に2019年5月オープンしました
完全貸切り、アトピー・敏感肌の方にも安心なオイルやタオル、着替えを使っている リラクゼーションサロン 黒猫屋です
アラビアンナイトの店内で、まどろみの時間を。睡眠改善・快眠リラクゼーション
マッサージ ではなく、リラクゼーションです。ボディケア(もみほぐし), リフレクソロジー, ドライヘッドスパ, マタニティコース, セラピストの個別お悩み相談もやっています。

時々お客様でも人間関係に悩まれてる方がいらっしゃいますが、必ず言えることは皆さん優しい方であるという事
そして、少なからず誤解されやすい事(裏表なく素直なんでしょうね)

図太い私は他人の事は気にならないので、好きな方に好かれたらそれでいい!
で、42年間生きてるんですが思えない方がいることも理解できます。

20代後半に働いていた会社は女性が9割の会社でした
一番多い時で300人近くのスタッフが働いていて、年齢も18歳~60歳までいました
私は経理人事担当だったので、全員の名前と顔を覚えていて
出来るだけ皆の状況を知りたかったので、ちょっといいお菓子を餌にランチに混ぜてもらったりしていました。(女性が多いと、トラブルは小さな内に処理しておかないと大変になる事も多かったんです)

ある時、珍しく男の子が入社しました。
ガタイのいい朴訥な20歳の彼は、とても良い青年だったのですが、若いお嬢さん達には誤解されそうな予感がしました。

しばらく様子を見ていたのですが、主婦のお姉さま方には可愛がられてるのに、お嬢さん方には不評でした。
ランチを狙って同じ部署の女性陣に話を聞くと、愛想がない・怖い・不気味と、ひどい言われよう。
どうしたもんかな~、と思っていたのですが、おせっかいババアは介入することに決めました。

「何かしらのキャラクター付けをしたら、後は何してもキャラで許されるんじゃないだろうか?」作戦で行くことにしました。

次の日の朝、彼が経理部に来た時に
「おはよー、武士くん」
と呼びかけ、以来常に彼の事は武士くんと呼び続けました。

抵抗するでもなく、困った顔をする武士くん
同じ部署の女性陣に
「とくさんなんで彼の事武士くんって呼びよると?」
と聞かれたら、待ってましたとばかりに
「○○君、武士っぽくない?」
と答えて回り、武士と言うキャラクターにすることに成功しました。

だんだんと彼の優しさや、実は面白い事も皆にもわかってもらえるようになり一安心
今なら(当時でも)パワハラかもしれませんが、正直であるが故に誤解されやすい(ほんとは優しい人なのに)なんて悲しすぎるんですよね私が(笑)

皆が違うことを面白がってくれたらいいんでしょうし、そうあって欲しいけど、人それぞれなので、デトックスしたくなったら黒猫屋へどうぞ。
アドバイスはできませんが、聞くことはできますよ。

タイトルとURLをコピーしました